シンポジウム・セミナー開催の活動報告一覧

兵庫県農業共済会館において、シンポジウム「どうなる? 食品表示の一元化」を開催しました。

2012年12月1日

兵庫県農業共済会館において、「ひょうご消費者セミナー2011」を開催しました。

2012年3月14日

主催:生活協同組合コープこうべ、兵庫県生協連合会、消費者支援機構関西、ひょうご消費者ネット

    • 開催案内
    • 担当者からのコメント
    • 「4団体共催のセミナーも4回目となり、団体 同士の交流が深まるとともに、幅広い参加者に満足いただけるテーマと内容にな ったと思います。

    参加者は105名でしたが、篠原先生の講演から、便利なネ ット社会にひそむ悪質業者の暗躍に、大人も子どもも被害者や加害者になる危険 があることを痛感したセミナーでした。

 

兵庫県学校厚生会館において、シンポジウム「リボ払いの落とし穴」を開催しました。

2011年2月27日

兵庫県・生田文化会館において、シンポジウム「おまけ? それとも財産! 企業ポイントを考える」を開催しました。

2010年2月28日

兵庫県・生田文化会館において、シンポジウム「ほんまかいな? その広告・表示!」を開催しました。

2009年2月21日

基調講演に宇都宮健児弁護士をお迎えし、シンポジウム「多重債務を生まない社会をめざして!」を開催しました。

2008年2月9日

2006年6月10日(土) 「NPO法人ひょうご消費者ネット設立記念セミナー」を開催しました。 開催案内 プログラム 6/10 18:45~ NHK総合「関西のニュース」、 6/10 19:00~ サンテレビ「サンテレビニュース」で報道されました

2006年6月10日

6/10 18:45~ NHK総合「関西のニュース」、
6/10 19:00~ サンテレビ「サンテレビニュース」で報道されました

「消費者団体訴訟制度をどう活用するか」

2006年1月30日

をテーマに講師の野々山宏弁護士から、 消費者団体訴訟制度や受け皿団体の課題、 京都消費者契約ネットワークにおける消費者被害の情報収集や事案を選定する基準など警告活動について、 具体的にお話をいただきました。